自分だけじゃないはず・・・包茎の悩み

包茎ってどんなもの?

生まれたばかりの赤ちゃんは、ペニスの先は皮を被った状態にあります。しかし、成長するにつれてペニスも成長をし、次第に皮がむけてきます。
だいたい3歳くらいになると、約9割の子供が包茎状態から抜け出すとされています。しかし、年齢を重ねても、いつまでも皮が被った状態のままということもしばしばあり,それがいわゆる「包茎」ということになります。
包茎には大きく分けて3つの種類があります。

 

@「仮性包茎」
ペニスの先まで皮が被った状態ではありますが、指で皮をからだのほうに寄せると先っぽがめくれて亀頭が現れるものを仮性包茎と言います。
包茎の種類の中でも、ダントツに多いのがこのケースです。

 

A「真性包茎」
皮の先の部分がとても狭かったり、亀頭と皮が癒着してしまっていることで、指で皮をつまんで寄せても先っぽが現れない包茎を真性包茎と言います。

 

B「カントン包茎」
指でめくるなどをすれば、かろうじて亀頭が現れますが、無理にむくと、亀頭の根元を締め付けてしまい元に戻すことが出来なくなってしまうのがカントン包茎です。

 

症状の中には特殊なケースもありますが、ほとんどの人の場合この3種類のどれかに当てはまります。
10代になると、自分のペニスの状態が気になり出すことでしょう。しかし、焦って無理やり皮をむいたりすると、思わぬ病気や怪我につながるので注意してください。

関連情報

http://xn--e--1z5cq6ujwm011c3yh4z2a.com/・・・このサイトでは、包茎手術のよくある疑問、体験談、大阪で信用できるクリニックの格付けランキングをご紹介!