包茎と病気

包茎と病気

包茎である人の一番の悩みはやっぱり見た目ですが、見た目以上に気を付けたいのが病気の発症です。
包茎自体は病気ではありませんが、包茎であることで病気を引き起こしてしまうことがあります。

 

包茎は常に皮を被った状態なので、亀頭と皮の間に垢が溜まり、バイ菌が繁殖しやすいです。繁殖したバイ菌によりさまざまな病気を引き起こしてしまうのです。
特に多いのが亀頭包皮炎です。バイ菌により、亀頭と皮の両方が炎症してしまう病気です。かゆみや痛みを伴い、時には排尿痛も引き起こしてしまいます。
亀頭包皮炎が進行すると、尿路感染症や、閉鎖性乾燥性亀頭炎などのさらに重症の炎症を起こしてしまうこともあります。

 

炎症以外にも、バイ菌が溜まりやすいことから、クラミジア感染症、HIV感染症、梅毒などの性病にもなりやすいです。また、包茎の人に多く発症するガンとして、陰茎ガンというものもあります。通常のペニスであれば発生しないであろうガンも包茎であれば、発症させてしまうのです。怖いですね。

 

さらに、包茎はパートナーの病気を引き起こす可能性もあるということを覚えておきましょう。もしペニスにバイ菌が繁殖していたら、セックスの際に相手にそのバイ菌を移してことになります。それによって、パートナーも性器に炎症を起こしたり、性病になってしまうことがあります。
大切な人が自分のせいで病気になってしまったらとても悲しいものです。